ネタバレ記事 恋と呼ぶには気持ち悪い

【アニメ】恋と呼ぶには気持ち悪い 7話 ネタバレ・感想

一花と亮それぞれに想いを寄せる相手が現れましたね!

特に亮の方は快との関係が気になっているので、完璧にライバル出現ですね。

有枝も意外と積極的で、少し恋の波乱も感じられる第6話でした。

前回のあらすじ

亮の同僚で、一花と同じ趣味を持つ有枝は、亮がオタクに対しても変な偏見を持たないことが分かり気持ちが惹かれていきます。

一方、一花のクラスメイトの快も修学旅行や球技大会などを通して一花への想いに気付いていくのでした。

【アニメ】恋と呼ぶには気持ち悪い 7話ネタバレ

偶然、書店で亮を見かける快。逃げようとしますが、大好きなラノベの新刊発売日で、初回限定版のため頑張って購入することを決意します。

しかし欲しいラノベに手を伸ばした瞬間、同時に亮も同じ本を取ろうとして手が触れてしまいます。

快に一花のことを牽制する亮。しかし快は負けずに応戦します。

一方有枝もまた、大好きなラノベの初回限定の新刊を買うために別の書店を訪れていました。ちょうど新刊が発売されたアニメのCMが頭上で流れ観入っていると、なんとそこに一花も現れます。

そこで2人が同じ推しキャラであることが判明し、とても喜ぶ一花。有枝もまた一花との推しキャラの話題に夢中になるのでした。

自宅で1人新刊を読み満足する有枝は、ふと自分と亮の好きな人が好きなアニメを語るときの雰囲気が似ていると言っていたことを思い出しますが、まさかその相手が一花であるはずはないと考えます。

亮が自宅に戻ると、母親が帰宅していました。そしてもうすぐ父親が帰ってくるという情報を伝えられ、少し憂鬱になる亮。

亮はいつも通り一花に電話を掛けます。ちょうど一花は新刊を読み終え余韻を感じてるところでした。実はもうすぐバレンタインデーです。一花にバレンタインデーについて質問する亮。

学校では一花が理緒に亮からの執拗なバレンタインの要求について悩んでいると話しています。しつこいと思いながらも、大人の男性にはどんなチョコレートをあげるのが良いのか悩む一花。

クリスマスプレゼントの時は相談に乗ってくれた理緒ですが、今回はあえて2人のバレンタインのためアドバイスをしてくれません。

悩みながら帰宅すると、仕事で学校を訪れていた益田が出てきて声を掛けてきました。お腹が空いているなら、お茶をしようと一花を誘い何故かお好み焼き屋さんに向かいます。

一花が何やら悩んでいそうだったので、気を遣って誘ってくれた益田。さらに、バレンタインのことで悩んでいることまで当ててしまいます。

実は中学生の時、あまりにモテた亮は嫌がらせで髪の毛入りのチョコレートを貰い、チョコレートに対してトラウマを抱えていると教えてくれる益田。

一花ば学生時代の亮のことが気になり益田に聞きます。亮はあまり誰かと行動することを好まなかったため、男子たちからは好かれてはいませんでした。しかしこの前同窓会で、亮がみんなから雰囲気が変わったと言われていたと話をする益田。

益田から一花との出会いがその原因の1つだと言われ、少し照れる一花なのでした。

一花が自宅でバレンタインについて悩んでいると、亮から電話が掛かってきました。なんと一花は、バレンタインの朝、亮の自宅に行くと伝えます。

嬉しさのあまり驚く亮なのでした。

【アニメ】恋と呼ぶには気持ち悪い 7話感想

一花と有枝が出会ってしまいましたね。2人とも良い人なので、良い関係になれたら良いのですが、有枝の気持ちを考えると難しいのでしょうか。

益田も意外と面倒見の良い人ですね。幸せになって欲しいですが、良い人以上にならなそうなキャラクターでもありますね。

それにしても、一花の考えた亮へのバレンタインがとても気になります。朝、亮の自宅に行って何かをあげるのでしょうか。チョコレートではないような気はしますが、できれば亮の喜ぶ顔が見たいです。

亮の方もお父さんが帰宅するようですね。関係が良くなると良いなと感じています。

-ネタバレ記事, 恋と呼ぶには気持ち悪い

© 2022 アニマガ.net Powered by AFFINGER5