ネタバレ記事 恋と呼ぶには気持ち悪い

【アニメ】恋と呼ぶには気持ち悪い 5話 ネタバレ・感想

一花と趣味も同じクラスメイトの「多丸快」、亮の同期の「松島有枝」と新しいキャラクターが続々登場してきましたね!

一花と亮の関係にどんな風に関わってくるのかとても気になります。

そして今回は、いよいよ修学旅行に行く一花たち。どんな展開が待ち受けているのか楽しみです。

前回のあらすじ

一花をなんとなく意識し始めた快。

一方亮の同期でもある「松島有枝」は、社内では珍しく亮を「天草」と呼び捨てで呼ぶため同僚から珍しがられます。

しかし亮の会社では、一花と電話をする亮を目撃した同僚により、亮の彼女は「年上の女性教師」という噂が広がっていました。

そんな中、クリスマスの時期がやってきて、お互いにクリスマスプレゼントを悩み理緒に相談する一花と亮。

お互いとても喜ぶプレゼント交換ができ、感謝の気持ちを込めて理緒と3人でクリスマスパーティーをするのでした。

恋と呼ぶには気持ち悪い 5話ネタバレ

一花たちの高校の修学旅行が始まりました。

なんと修学旅行のカメラマンに来たのは、亮の友人「益田」です。

修学旅行先は沖縄。益田は生徒たちに大人気です。亮には一花の学校の修学旅行にカメラマンとして行くことを伝えると面倒なことになりそうなので内緒にして来たようでした。

亮は会社で理緒から一花との写真のラインを貰いますが、快のことが気になっています。

そんなの時、偶然有枝とぶつかってしまい、有枝のポーチの中身が大量に床に落ちてしまいました。

中身を拾ってあげる亮ですが、その中に一花の大好きなキャラクターのキーホルダーを発見します。

動揺する有枝ですが、亮がキャラクターに詳しいので逆に驚きます。しかし、アニメ好きということを秘密にして欲しいとお願いする有枝。

その気持ちは分かりませんが、アニメの知識が欲しい亮は、またアニメの話がしたくなったら声をかけてと言いその場を離れます。

そんな亮の対応に、少し好感度が上がる有枝なのでした。

その頃一花は水族館で理緒たちと離れてしまい、さらにスマホの充電も切れてしまったため困っていました。

辺りを探していると快とぶつかります。一花と快が話していると、快の友達が勘違いをして2人にしてくれるのでした。

人混みが苦手な快を気遣い、大きな水槽に向かう一花。快はそんな一花の気持ちを嬉しく感じます。

その時一花の手を取ろうとする快でしたが、益田が一花の写真を撮って来たので手を取ることはできませんでした。

理緒の連絡先を知る益田から携帯を借り、理緒に連絡する一花。亮が一花を心配していたことを思い出し、快のことかと察する益田なのでした。

一花はホテルの部屋で理緒たちと明日の自由行動の計画を立てようと話しています。するとそこに亮から電話が入るのでした。

気を利かせ、廊下で話すよう助言する理緒。亮は益田に電話したところ、一花たちの修学旅行に同行していることを聞き、確認の電話を掛けて来たのでした。

ただ、益田のことは口実で本当は一花の声が聞きたかったと正直に伝える亮。すると一花もみんながいるのに亮だけいないのは、なんとなく寂しい気がすると素直に伝えるのでした。

感激する亮。ついでに有枝が一花と同じアニメが好きで推しのキャラクターも同じだと伝えます。

大喜びする一花。そんな一花を可愛いと感じる亮なのでした。

その2人の会話をうっかり聞いていた快は、壁の影に隠れましたが、肘をぶつけて一花に気付かれてしまいます。

飲み物を買いに出て来たという快と一緒に、部屋のみんなの飲み物を一緒に買いに行く一花。そこで、一花は快から明日の自由行動を一緒に回ろうと提案されます。

快の発言に驚く一花でしたが、大好きなアニメの聖地が近くにあるので、その聖地巡礼をしないかというお誘いでした。

次の日、大好きなアニメの聖地に感激する一花。飲み物を買いに買いに行った快ですが、戻った時一花が男性と話しているのを見て慌てて助けに行きます。

しかしその男性は益田だったのでした。写真を撮り、2人の青春と亮のライバル誕生に少し喜ぶ益田。

一花もまた快の新しい一面に何かを感じます。

修学旅行のお土産を渡すため亮と会った一花ですが、なぜか映画を観ることになってしまいます。

一花の好きな映画を観ようと提案されますが、一花は亮の好きなものを知るためにも亮が観たい映画を観たいと伝えます。

その時ふと腕を掴まれ、なんとなく亮と快を比べてしまった一花。

映画館ではデートに慣れているような亮の態度や、自分の子供っぽい服装に少し悩みます。

一方亮は、益田から快との話を聞いていたのでなんとか一花に確認しようと考えています。

映画を観ながらなんとなく自分たちの関係を重ね、いろいろ考えてしまう2人。

一花は自分が子供っぽいことに、亮は一花と快の関係が怖くて聞けないことに悩んでいました。

そんなお互いの雰囲気を新鮮に感じる一花なのでした。

恋と呼ぶには気持ち悪い 5話感想

快がいきなり積極的になって、びっくりしましたね。これは一花に恋をしているということで確定なのではないでしょうか。

さらに亮の方は有枝が亮がアニメに理解のある意外な一面を知り、好感を持ち始めましたね。こちらも少し恋の予感がありそうです。

一花も亮と快を比較しつつ、でもなんとなく自分が子供っぽいことを気にしている様子から、亮に少し好意を持ち始めたように思います。

亮は自身家ながらも、一花に快のことを聞けないというところが本当に一花のことが大好きなんだと感じた場面でした。

2人の恋はどうなっていくのかとても気になる展開でしたね。

-ネタバレ記事, 恋と呼ぶには気持ち悪い

© 2023 アニマガ.net Powered by AFFINGER5