シャーマンキング

【アニメ】シャーマンキング 13話 ネタバレ&感想

蓮がずっと抱えていた悩みも、無事に解決することができましたね。

いよいよシャーマンファイト本戦の始まりです!

友情を深めながら成長してきた葉たちですが、今度はシャーマンキングを目指して本気の戦いが待っていますね!

前回のあらすじ

円の本当の姿を見破って、無事に勝利した葉たちと蓮。

道家の「正義」に拘りすぎたために、逆に道を見失っていた円。

円は蓮が日本へと帰るときに、道家に伝わる宝剣を渡します。

そして葉たちのところには、いよいよシャーマンファイト本戦の連絡のメールが届くのでした。

【アニメ】シャーマンキング 13話 ネタバレ

いよいよシャーマンファイト本戦です。

もうこの世には戻れないことを意味しています。

葉たちはそれぞれ想い想いの時間を過ごすのでした。

アンナも珍しく葉との別れを寂しく感じ、今夜だけは一緒に寝たいと伝えます。

次の日、葉、ホロホロ、竜之介、蓮たちは集合場所へ集まります。

みんなで話していると葉に似た「ハオ」と名乗る人物が現れ、ホロホロを攻撃します。

蓮が応戦しようとしますが、ハオの手下のシャーマンたちも現れます。

ハオは葉に関心があるようで、もっと強くなって勝ち進むように伝えるのでした。

アメリカのパッチ族の村へパッチ族のオーバーソウルで作ったジャンボ飛行機で向かうことになった葉たち。

しかし途中でジャンボ飛行機を消滅させてしまうゴルドバ。

いきなり全員を降ろし、3ヶ月以内にパッチ族の村まで来るように伝えるのでした。

ハオのスピリットオブファイヤでハオと部下たちは悠々と空を飛びます。

ホロホロは焦ってしまいますが、葉のおかげで落ち着きを取り戻すのでした。

地面に着く瞬間に全員がオーバーソウルを出しクッション代わりとすることを提案する蓮。

蓮の作戦は大成功です。

竜之介のおかげでヒッチハイクにも成功し、ある街に辿り着く葉たち。

そこにある図書館でパッチ族について調べるのでした。

図書館でパッチ族とセミノア族についての書物を読みます。

パッチ族についてまだあまり良く分かりませんが、セミノア族のところへ向かおうと提案するホロホロ。

するとそこへ現れたのはセミノア族のリリララ。

パッチ族を悪魔だと言います。

そして500年前のパッチ族とセミノア族に何があったのかを幻影で見せて貰う葉たち。

パッチ族はセミノア族が従わないことで、セミノア族を攻撃したパッチ族。

しかしその時はパッチ族の企みは消えましたが、またシャーマンたちを集め、シャーマンキングダムを作ろうとしていたのでした。

葉たちは目覚め、そしてリリララからパッチ族の最後の言葉を教えてられます。

それは「未来王」という言葉でした。

さらに幻影で見たのは、ハオの操る「スピリットオブファイヤ」だったのです。

すでに未来王は蘇って、このシャーマンファイトに参加しているとリリララに伝える葉たち。

どうかパッチ族のところに行かせて欲しいとお願いしますがリリララは許しません。

しかしホロホロの夢、「大きなフキ畑を作る」という言葉を聞いて大笑いするリリララ。

葉たちに自分の知るパッチ族について話してくれるのでした。

葉たちを見送ったリリララの前に、ハオが現れ、スピリットオブファイヤによってリリララは倒されてしまいます。

実は悪魔とされていたパッチ族というのは、転生前のハオだけでした。

パッチ族の持つスピリットオブファイヤを手に入れるためにパッチ族になった転生前のハオ。

そしてハオは人間への復讐だと呟くのでした。

【アニメ】シャーマンキング 13話 感想

ハオはもしかするとシャーマンキングの最初に出てきた赤ちゃんではないでしょうか。

そう考えると葉との関係性も少し分かるような気がします。

しかし人間への復讐とは一体何なのでしょう。

さらに悪魔のパッチ族だと思われていたのは、実はハオだけのことで、パッチ族は無関係のようですね。

急に謎が多くなりましたが、少しずつ解明されていくのでしょうか。

-シャーマンキング

© 2021 アニマガ.net Powered by AFFINGER5